スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性ファッション誌の売上推移

Category : サファリニュース
最近「smart」がファッション雑誌界でぶっちぎりの24万部を叩き出したという記事を読んだ

なぜ男性ファッション誌『smart』は売れているのか(前編)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/14/news022.html

24万という数値がどれほどのことを示すのか分かりづらかったが
ちょうど某所に某数字が貼ってあったので乗っけてみることした

2011年1号あたりの平均印刷部数

smart        240,000(自称)
MEN’S NON・NO   191,667
Men’s JOKER    151,385
Safari        124,309
Men's SPIDER    100,000
ライトニング     98,384
FINEBOYS       92,507
Gainer         89,967
LEON          79,967
MEN’S CLUB      54,025
POPEYE        47,417
MEN'S EX      42,342
UOMO         31,500
HUgE        27,000

社団法人 日本雑誌協会より
http://www.j-magazine.or.jp/


これはスゴイぶっちぎりだ。
てっきりメンノン1強かと思い込んでいたが意外や意外。
売上データは正確なものではなく一社の算定なので絶対的なものではないが
ここまでハッキリ差がつくとなると、そうそうひっくり返らないものだろう。
こうしてみると男性ファッション誌の世界では10万部を超える事が「勝ち組」と言えるみたい。
ちなみに我がSafariと言うと

2008年(10月~12月に発売された1号あたりの平均印刷部数)
69,100
   ↓
2009年(10月~12月に発売された1号あたりの平均印刷部数)
80,667(前年比116%
   ↓
2010年(10月~12月に発売された1号あたりの平均印刷部数)
115,667(前年比143%)
   ↓
2011年(10月~12月に発売された1号あたりの平均印刷部数)
131,434(前年比113%)

と成長を続けているようだが、これは怠慢になってもしょうがない気がする…
編集長も年間広告収入が2倍に増えたなんて記事で言っていた。
「スターズのように廃刊だけは避けたいものだがメジャーになりすぎても困る」
そんな風に考えてるブラザーたちが多いのではなかろうか。
コンビニに大量に並んでいるサファリを見るとちょっと萎えるものだ。

雑誌売上が伸びるにつれて脱オタに見つかり、そういう層へアピールするためにポリシーを変える。
業界の流行じゃないからユルデニムは載せない。初心を忘れピタデニムばかり載せる。
そういう最悪の事態が現に起きつつあるのだから怖い。
なぜサファリが受けたのか編集部にはちゃんと考えて欲しいと思う。

ちなみにこのブログはアクセス数的にみてニワカを呼ぶことは絶対にないので安心してもらいたい。
逆に悲しいが…笑
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人
更新は不定期だが筋トレと同じく、ファッション熱により更新量も増えると思われる。ブラザーたちヨロシク。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
Twitter
リンク
最新コメント
タグ

ほどピタ ベッカム ブーツ 黒グレー系 ほどユル ニット 白スニ チェックシャツ Dior 黒スニ ガブリエル・オーブリー 味茶ベルト デニシャツ チノパン RRL Nudie レザー ザック・エフロン ニット帽 Ralph Lauren スウェットパンツ Levi's AG 淡青ジーンズ ダウン チャニング・テイタム 味デニム DIESEL 

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。