スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集 ガブリエル・オーブリーと13日間コーデ

Category : セレブスナップ
元妻のハル・ベリーと離婚してからというものなんだかパっとしないガブ様
ハル・ベリーとの破局は友好的なものとはいかず、家から蹴り出され、かなり酷かった模様。
しかし、愛娘に対しては変わらず「父親」として愛情を注ぐ姿は涙を誘う。
そんなガブ様が娘とお出かけするのに合わせて、ブラザーたちもお出かけしようという特集だ。
久しぶりに大量のネタがとれたので惜しみなく全て吐き出す。
すべて最近のスナップなので安心して見て欲しい。それではいこう。

1日目

3.jpg

朝方あらわれた姿はチェックシャツ味デニムというラフな格好だ。
インナーの首元がスッキリすることで「こなれ感」が生まれ、白スニヌケ感ともマッチする。

3a.jpg

太さが分かりやすい角度の一枚。
「さぁ、今日は公園に行こう」といったところか。
ガブが着るのには珍しい太さのデニム。

2日目

2.jpg

今日はグレーコーデキャップカーゴパンツグレーで統一して白をサンドイッチ。
おっと、ベルトの色も忘れずに注意。使い回しアイテムは前日と同じ「白スニ」で。

2a.jpg

片手で軽々と娘を抱っこする筋肉は最低限欲しい。これでブラザーも頼れるパパだ。

3日目

1.jpg

今日はアメカジルックで行こう。
ただしアメカジ爺にはならないように、デニムのサイズ感と加工の高級感に気をつけて。
すべての基本である「上ピタ下ユル」をアメカジにも適応しよう。
味ベルトひとつでグッとコーデ全体が締まって見えるのがお分かりだろうか。

1ajpg.jpg

このデニムがJ.CREWって偶然はないだろうが…。J.CREWは女性セレブが愛用するブランドだ。
痩せて見えるガブリエルも、二の腕の筋肉はこんなにある。ブラザーもしっかり鍛えよう。

4日目

7.jpg

うって変わって今日はシック&シンプルなコーデ。
しかし、このコーデに足元までスニーカーでしめると男らしさゼロだ。
そこで足元はプレーントゥのブーツ無骨さを忘れずに。

7a.jpg

ボリューミーな先ポコブーツピタデニムを合わせるならこのサイズ感をしっかり習得しよう。
こういった先ポコブーツはサファリメンの十八番だが、デニムが細すぎると足元が浮いてしまうからだ。

5日目

6.jpg

使い回しは「ブーツ」で昨日と一緒のプレーントゥだ。
デニムはほどピタ味青デニムでトップは1日目と同じ「チェックシャツに白T」の組み合わせで行こう。
今日はキャップではなくニットでコーデの幅を持たせる。

6日目

5a.jpg

デニムは1日目と同じものを使い回そう。
味青デニムは外の光に当たると、ここまでカッコイイ。
家の鏡で見る蛍光灯でのデニムと、日光でのデニムの発色は違うのだ。

5.jpg

足元は白だろうか。今まで使ったペタ白スニではなく、もう少しゴツめのスニーカー。
無地Tシャツがひきたつのは正面の胸筋と、アームホールがピタっと張り付く腕の筋肉があってのこと。

7日目

4.jpg

いつもの公園にきたガブ親子。
Tシャツばかりでは飽きるので、ときどきヘンリーネックなんか使ってみるといいかもしれない。
味青デニムブーツは使い回ししたもので。

8日目

11.jpg

デニムの加工やシルエットが素晴らしいと、シンプルでもカッコイイことは自明の理だが
この写真でもう一度再確認したのではなかろうか。
トップスはレイヤードだ。こういう自然なレイヤードは非常に難しい。

11a.jpg

ゴツめのブーツにギリギリ合う細さのサイズを選ぶあたり、さすがと言ったところ。

9日目

10.jpg

一瞬、ジョニーデップかと間違えそうだがガブ様だ。
白シャツ黒ジレという「フォーマル」なトップスにデニムブーツという「カジュアル」をあわせる。
「フォーマルとカジュアルの混合」はサファリメンの得意とするところだ。

ただ実際にジレまで入れてしまうと、コーデ自体かなりおかしくなってしまう。
というのも、「ガブのように明るい髪の色」も「首まである長い髪」もあるブラザーは少ない。
社会的制約により恐らく短髪黒髪が大多数であろう。
するとどうだろう…少し小僧っぽくならないだろうか。
「フォーマルさにあえて合わせたデニムブーツ」「あえてのフォーマルとカジュアル」ではなく
ジレを濫用した「大学生の延長」のようになってしまう危険性がある。

そこで、ベッカムのようにニットを取り入れると、よりカジュアル差が出るし
「狙ってシャツ&ジレを着ている」という洒落感も出るのではないか…と筆者は思う。
ここまで深読みするかは相手によるのだが…まぁジレは地雷を抱えることを忘れずにいて欲しい。

10日目

9.jpg

白Tが映える一枚。
ベージュブーツとあまり色落ちしてないデニムとの相性はバツグンだ。
Tシャツデニムとシンプルだが、ニットを加えてあくまで上品に仕上げる。

11日目

8.jpg

これはベストでいいんだろうか。
味青デニム白ロンTグレーベストティアドロップ
これぞサファリメンという色使い。ティアドロップ2つ掛けは新しい…笑。

8a.jpg

スニーカーはグレーでベストと色を合わせて。

12日目

13a.jpg

「明るいグレーのVネックニットはこう着るんだ」と言わんばかりのコーデ。
こういったグレーは定番の色だが、いざ合わせてみると意外と難しい色だったりする。
キャップとデニムで色を挟むことはとても効果的だと分かる。

13.jpg

やはりブーツは何にでも合う色を持っておくと重宝するというものだ。


13日目

12.jpg

グレーデニムにこの色のチェックシャツが合うのが不思議でたまらない一枚。
チェックシャツのおかげでヌケ感が出ているのだが、これは似たアイテムでも難しいのではなかろうか。

12a.jpg

ほっぺを引っ張られても、ここまでイケてる顔をもって生まれたい。
ペタスニと思っていたが意外とボリュームがあったようだ。



いかがだっただろうか。
一流セレブのガブ様も使い回しコーデで過ごしている、ということが分かったことだろう。
やはり味デニムを主軸にして、黒やリジット系を持っておくといい。
足元も使い回しの効く色のブーツを1つと、白スニがあれば十分すぎるほどだ。
そろそろ寒さのピークを迎え、暖かくなる春に向けて買い物に行くブラザーもいるだろう。
「何を買ってどういう自分を創るのか」しっかりイメージを持って買うことが大事だ。
そのイメージづくりに今回の特集を役立ててもらいたいものだ。
それではまた会おう。ブラザー。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人
更新は不定期だが筋トレと同じく、ファッション熱により更新量も増えると思われる。ブラザーたちヨロシク。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
Twitter
リンク
最新コメント
タグ

ほどピタ ベッカム ブーツ 黒グレー系 ほどユル ニット 白スニ チェックシャツ Dior 黒スニ ガブリエル・オーブリー 味茶ベルト デニシャツ チノパン RRL Nudie レザー ザック・エフロン ニット帽 Ralph Lauren スウェットパンツ Levi's AG 淡青ジーンズ ダウン チャニング・テイタム 味デニム DIESEL 

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。